Skip to content

車買取で気にしたい、自賠責の保険期間

自賠責保険料は車検ごとに2年分を前払いします。そのため途中で登録抹消をすると、残りの保険機関分の保険料が還付されます。しかし、車検が残っている自動車を車買取業者に売る場合は、登録抹消とは違い、残りの保険期間分の保険料は還付されないのが普通です。

自賠責はそのまま、その自動車を購入したドライバーが受け継ぐことになります。重量税も同様です。そのため車検が残っている状態で自動車を売ると損をすることになります。そこで、車買取店と交渉する際には、車検が残っていることを主張して車買取価格をアップしてもらいましょう。

車買取のタイミングとして多いのは、車検が切れるときです。やはり車検費用が高くなるので、その前に売った方がお得と考える人が多いからです。

特に、重量税や自賠責保険料などは前払いなので、その分が払い損になってしまいます。しかし、車検が残っており、自賠責の保険期間がたっぷり残っていると、その分買取価格は高くなりますので、必ずしも車検を意識し過ぎる必要はないかもしれません。

車検が切れるからという理由で買い替えを決めるよりも、本当に欲しい自動車が登場したときに、それを手に入れるために買い替える方がうれしいものです。